パソコンが重い!解決策

パソコン廃棄前にはデータを消そう。データ消去技術について

パソコン廃棄前にデータ消去を

 

不要なパソコンを処分する際、売却とリサイクルによる廃棄が考えられますが、特にリサイクルで廃棄するときはデータ消去を行っておいた方が良いです。なぜなら、消去を行っていない状態であると、パソコンには様々なデータが残っているからです。パソコンに格納されているデータとして、写真や個人情報の他、インターネットアクセス履歴、ショッピングの記録、クレジットカード情報などが考えられます。誰かにパソコンに残った情報を見られても構わないという方も少ないと思いますし、何よりパソコンにデータが残った状態のままだと悪用される危険性も。パソコンをリサイクルなどで処分するのであれば、廃棄前にデータ消去は行っておいたほうが安全・安心です。

 

消したつもりでもパソコンにデータが残っている

 

さて、データ消去についてですが、どのような方法が思い浮かびますか。ごみ箱に入れて削除する、フォーマットを行う、工場出荷状態に戻すなどでしょうか。しかし、これらのデータ削除動作だけでは不十分です。データがパソコン内に残っている可能性があります。なぜなら、データがただ見えなくなっただけであって、ハードディスク内には変更された情報が残っているからです。通常の処理では、削除したデータは見られなくなってしまいますが、データ回復ができる特殊なソフトを使用すると、データを復元することが可能になります。特殊なソフトでも復元できなくするために、完全にデータを削除するには他に手順を踏まなければならないのです。

 

完全にデータを削除する方法

 

パソコンのデータは、HDD(ハードディスク)やSSD(ソリッドステートドライブ)などのストレージデバイスに保存されています。HDDを例に説明すると、まず形状としては、金属でできた長方形の箱型のパーツです。データを完全に削除する方法としては、自分でHDDを取り出してハンマーなどで物理的に破壊するという方法もありますが、ガラスなどが使われている部分もあり危険なのでおすすめできません。主に推奨されるデータ削除の方法は、ソフトフェアでの消去、専用装置での消去、機械での物理的破壊の3つです。

 

専用ソフトウェアを使う

 

家庭でもできるデータ削除の方法として、専用ソフトウェアを使ったものが挙げられます。しかし、パソコンがソフトウェアに対応していること、自分の希望するデータ消去の範囲であることを確認しなくてはなりません。費用は、無料のものから6,000円程度のものまでさまざま。なかでも、AOSテクノロジーズのターミネーターシリーズ、ジャングルの完全抹消シリーズなどが知られています。ソフトウェアなので、今後購入するパソコンにも続けて利用できる可能性があるのは大きなメリットでしょう。

 

メーカーや専門業者に委託する

 

自分で消去するのが心配な場合は、メーカーや専門業者に依頼するという方法もあります。専用業者では、専用ソフトウェアの他、専用機器によってHDDのデータ消去を行います。特に、専用機器を使った消去法や機械での物理的破壊は、HDDが起動しないときなどに有効です。HDDが壊れてしまったから、そのまま廃棄するのではなく、データが残っている可能性があるので、専門業者などで、専門機器によって消去してもらうことをおすすめします。最近では、短時間でデータ消去ができる技術も発展してきました。

 

ドスパラのデータ消去サービスについてはこちら(ページ下部に記載があります)