パソコンが重い!解決策

セキュリティソフトは必要なのか?

 

Windows 8からは、Windows Defenderという機能が強化されました。Windows Defenderには、セキュリティソフトと同じようにウィルスの検知や駆除ができる機能が備わっています。さらに、新たに発見されたウィルスも自動的に更新され、セキュリティ面において優れたソフトだということが分かります。しかし、コンピュータウィルスは日々新たなものが開発され、Windows Defenderだけでは必ずしも十分とは言い切れません。少しでも、パソコンをウィルスの脅威から守るためには、セキュリティソフトによる強固な安全対策は必要だと言えます。

 

セキュリティソフトの有効性

 

コンピュータウィルスは大きく分けて4つあります。マルウェア、スパイウェア、アドウェア、トロイの木馬です。マルウェアはデータが勝手に削除されるだけでなく、自分のパソコンに登録している情報をもとに、相手に勝手にメールなどを送り付けて、被害を拡散させるなど、ウィルスの中でも気をつけたい部類です。スパイウェアは、遠隔操作により、自分の情報を他人に盗み取られるというもの。トロイの木馬は勝手に他人にパソコンを操作されたり、アドウェアはパソコンが遅くなってしまったりなど、ウィルスによってさまざまな被害が想定されます。セキュリティソフトは、こうしたウィルスの被害を未然に防いだり、万が一感染しても駆除できる機能が備わっているので、ウィルスによるパソコン被害のリスクを最小限に防ぐことができるのです。

 

ESETセキュリティソフト

 

ESETセキュリティソフトの特徴は、軽さを重視して設計や開発が行われてきたことにより、何よりも他社のソフトと比較して動作が軽いという点です。これまで、セキュリティソフトを利用していて、セキュリティスキャンが始まるとパソコンの動作が著しく遅くなってしまったという経験はなかったでしょうか。セキュリティスキャンではCPUやメモリ容量を広く必要とするため、低スペックのパソコンほど動作が遅く感じてしまいます。しかし、ESETセキュリティソフトの場合、必要最小限のロジックで開発されているため、そこまで動作が遅く感じずに、他の作業を行うことができるのです。また、動作が軽いからと言って機能面が劣るわけではなく、未知ウィルスに対する機能が優れており、まさに動作と機能を両立させたソフトだと言えます。

 

ドスパラのESETセキュリティソフト一覧はこちら

 

ノートンセキュリティ

 

ノートンセキュリティは、世界でも高いシェア率を誇るセキュリティソフトとして知られています。2014年時点では、世界ナンバー1のシェアを確立していました。特質すべき点はノートンのQuorumという独自の仕組み。プログラム1つ1つの安全度を評価することで、プログラムに対する信頼度が分かるようになり、マルウェアを発見しやすくなりました。さらに、Quorumの仕組みは新種のウィルス検出にも貢献しています。また、一度安全だと判断したファイルについてはスキャンを行わないため、スキャンにかかる時間も大幅に削減されました。安定性や安全性、またスキャン時間などの面から、信頼度の高いセキュリティソフトだと言えます。

 

ドスパラのノートンセキュリティソフト一覧はこちら

 

カルペススキー2015マルチプラットフォームセキュリティ

 

カルペススキーの優れた点は、ネットバンキング対策や優れたファイアウォールです。特に、ネットバンキング対策は、他に類を見ない特徴だと言えます。保護されたブラウザからネットバンキングにアクセスすることで、不正なサイトへのアクセスをブロックすることができ、不正サイトにおけるトラブルを回避することができるようになりました。現在、不正サイトのトラブルは多く確認されており、中には正式なサイトに極めて似た不正サイトを作り上げることで、パッと見ただけでは不正サイトと判断しにくいものも存在します。現在のネットバンキングなどでの被害を背景にした、先進的な取り組みだと言えるでしょう。