パソコンが重い!解決策

BTOパソコンを買うならドスパラがベストの選択!おすすめです

大きく3つのパーツショップ(群)が割拠する日本のBTOパソコン市場。どのショップがおすすめなのでしょうか?

 

BTOパソコンならドスパラ

 

当サイトではずばり、ドスパラをおすすめします。カスタマイズ選択肢の幅が広く、カスタマイズ選択肢への最新パーツの反映が早いこと、これはBTOパソコン、ショップブランドPCの価値を決める決定的な要素となり得ます。価格ももちろん安いに越したことはないと思われますが、そこは競争相手もあり、市場のなかで決まってくるものです。競合ショップと比較して、大きく離れるということも現実問題としてあまり発生しようがありません。ですが、商品仕入のスピードなどは、他に変えようが無い要素であり、当サイトでは、BTOパソコンならドスパラ、ショップブランドPCならドスパラ、としてまず第一におすすめするショップとしてご紹介します。

 

ドスパラってどういうショップ?

 

そのドスパラですが、歴史は長く、日本で自作PC市場がはじまった黎明期から有力ショップとして存在していました。ショップ同士の激しい競争を乗り越え、経営破綻とか、おおきな統廃合無くここまで発展してきたほぼ唯一のショップでしょう。ツクモは経営的に困難な時期がありましたし、MCJグループは統合を重ね、当初のマウスコンピューターからは良くも悪くも大きな変化が生じています。ドスパラは、早い時期から日本の主要都市に出店を行い、日本全国にPC自作文化を広める担い手でもありました。店舗は統廃合を繰り返しつつも、主要地域の店舗は維持してきており、近年では20店舗強という水準で落ち着いているようです。取扱商材としては、ショップ発祥地の秋葉原の歴史をそのまま反映したような展開となっています。まず自作PCパーツの販売から始まり、それを組み合わせたショップブランドPCの販売に拡大。中古販売、携帯電話の販売などを経て、「上海問屋」ブランドで知られるデジタルガジェットの取扱も開始。こうした、幅広い商品展開が、ユーザーのデジタルライフのなかでパソコンの活かし方を提案する、という方向付けにつながり、サポートなどにおいても、パソコン以外の商品との関連にも強みを持つ独特のショップ風土をかたちづくってきました。

 

販売形態の変遷

 

ショップブランドPCはもともとが、店頭受注、店頭生産(店頭組み立て)から始まったところがあり、ドスパラも開業以来、リアル店舗中心でした。インターネット通販の普及とともに、2000年前後から通販サイトでの販売を拡大。早くからWebサイト上で柔軟にカスタマイズ注文が可能な仕組みを整え、インターネット通販時代をリードする存在となりました。ドスパラのスピード重視は通信販売の納期にも現れていて、受注後最短2日納品を打ち出すなど、業界最速水準を実現しています。こうした利便性からも、BTOパソコンならドスパラ、ショップブランドPCならドスパラ、として当サイトではおすすめしているのです!